お墓のお掃除どうしていますか?プロに任せよう

お墓の掃除はプロにお任せ!お掃除楽ちん♪ - お墓を移したい時にはどうすればよいか

お墓を移したい時にはどうすればよいか

先祖のお墓が地方にあると、何かと面倒なものです。
まだ両親や親族がいれば管理してもらえるでしょう。
しかし自分以外に親族がいなくなればどうするか?十分な管理もできません。
とはいえ今では改葬という方法があります。
ちょっと面倒ですが、お墓参りしやすくなるのであれば、試してみる価値はあるでしょう。

改葬とは

お墓を移動させることを改葬と呼びます。
お墓は単なる物です。そう考えれば、簡単に移せそうです。
しかし「墓地・埋葬等に関する法律」では、勝手に移すことを禁じています。なぜでしょうか。
基本的に遺骨や遺体は決められた場所で管理すべきだからです。
つまり遺骨を勝手に放棄、廃棄されたら困るためです。
同法では、公衆衛生や国民の宗教的感情を重視しています。
すなわちお墓を移したい場合には、移転先を明確にする必要があります。

具体的な手続きは

では改葬する際の具体的な手続きはどうすべきなのでしょうか。
まず移転先の墓地を確保します。納骨堂でも問題ありません。
次に今あるお墓の場所を管轄する役所へ行って改葬許可申請書をもらいます。ネットからダウンロードもできます。
お墓を移す人が初めに必要事項を記入します。そして今のお墓を管理している業者やお寺にも必要事項を書いてもらいます。
書類ができたら役所へ提出します。
改葬許可証が発行されたら、移転先のお墓管理者へ連絡します。
後は墓石をどうするかです。
そのまま持ってくることもできます。
一方改葬先では簡易なものにすることもできます。
その際には墓石を廃棄してもらい、跡を整地してもらいます。

費用はかかりますが

トータルで考えると改葬には結構な費用がかかります。
それでも遠方までお墓参りする煩雑さを思えば、結果的にお得なのかもしれません。
近場にお墓ができれば、愛着も湧くでしょう。
とはいえ関係する親族がいれば、必ず了承を得ましょう。

関連する記事

  ← 前の記事: